「簡単販売管理ES」ソフトウェアの紹介

運用操作画面画像

本ソフトは本格的データベースを用いた無料の販売管理ソフトです。
市販の高価なソフトと内容的には殆ど変わりありません。
使いやすさに特化しています。
市販ソフトはどのような場面でも使えるように、数多くの項目が設定されておりますが、そのために分かりにくい操作となっております。当ソフトはB to Bの卸売業に特化することで操作がとても簡単に行えるようにしています。
想定している業務はB to Bの卸売業ですが、カスタマイズすることであらゆる業種に対応させることが可能です。

先ずはダウンロードをしてお試しください。

なぜ無料なのですか
広く皆様に知ってもらいたいこと、複数台で使えるバージョンについては有料であること、カスタマイズにより収益を得るビジネスモデルであることによります。

「簡単販売管理ES」ソフトウェアは、その名のとおり、簡単に販売管理を行うことができます。

当ソフトでは、販売、仕入、在庫、入金、支払、統計の全てを管理することができます。

図のとおり、上部に「運用」「変更」「導入」「統計」「設定」「HELP」の6つのタブボタンがあります。

「運用」ボタンでは日常の販売管理業務を、「変更」ボタンは売上や仕入データを変更する操作を、「導入」ボタンでは基本データの入力を、「統計」ボタンでは売上の統計を「設定」ボタンではソフトの設定を行います。

それぞれの画面操作については各ページをご覧ください。

当ソフトウェアは簡単に操作できること、十分は機能を有することが特徴です

〇「販売管理」とは、いつ、誰に、何を、いくつ、いくらで販売したか、代金の回収をいつ行うか、代金は支払われたかなどを管理することです。量が少ないとエクセルなどで行う場合もあるでしょうが、現実には専用のソフトウェアやシステムで行われることが殆どです。

求められる機能は次のとおりです。
販売管理機能
在庫管理機能
購買管理機能
売上実績の分析

商売とは物やサービスを売ることですが、売る行為に対しては必ず販売管理が伴います。
会社の業態によって販売管理の方法は異なります。業態を大きく分けると次のようになります。
1 製造業向け
2 飲食店向け
3 小売店向け
4 卸・商社向け

販売管理を効果的に行うには、業態に特化したソフトウェアを使うべきです。しかしながら、業態に特化したソフトウェアは殆ど見ることがありせん。これはソフトウェアの販売を考えた場合、多くの業態で使えることが売り上げを伸ばすことになるからです。

このように販売管理総合ソフトウェアでは、ひとつのソフトウェアで多くの業態をカバーするために大変分かりにくい構造、操作となっています。

このため、多くの企業ではシステムを独自に構築するのですが、そのためには多額の費用がかかることとなります。

当ソフトウェアは業態を「卸・商社向け」に特化することで、直感的で分かりやすい操作となるようにいたしました。

開発に当たっては実際の現場から多くの要望を取り入れておりますので、より効果的で、より使いやすくなっています。