マレーシアHSBC銀行のオンラインバンキング操作方法

日本からはオンラインバンキングでアクセスして自分の預金状況を確認することができることは安心だ。ただ、使っていないと使い方を忘れてしまいそうだったので、自分の覚えとして使用方法を記録。

本記事は2020年9月に更新しているが、その後、ログイン方法が変更となったことから本日2021年2月26日に再度更新したもの。

昨年と何が変わったかというと、パソコン版ではトークンが使えなくなったということ。このあたりはコロコロ変わるようで2019年当時はログイン名と第2パスワードのみ、それとトークンでログインできたものだが2020年ではトークンが必須となっていた。そして、更に今回の改訂(2020年11月らしい)では2019年当時に戻り、トークンは必要なくなったというわけだ。しかし、2019年当時と全く同じではなく、トークンを使わずにトークンの代わりにスマホでコードを生成してログインする方法が追加された。わざわざ、手元にトークンを用意しなくてもスマホがトークンの代わりとなるのは使い勝手が向上したと言える。とは言っても、果たしてセキュリティ的にはどうかとは思うもののユーザ名と第2パスワードだけというのも簡単にログインできるので使い勝手は良い。

なお、定期的に預金を引き出していないとアカウントがロックされるが、郵便局で預金引き出しをするとこれを回避することができる。このあたりは変更なく、見事に口座がロックされた話は次のとおり。

① HSBC銀行オンラインバンクへアクセス

右上のログインボタンをクリック。画像はアイキャッチのとおり。

② 上の「HSBC Malaysia Online Banking」をクリック

③ usernameを入力

大文字、小文字は無関係。チェックボックスにチェックを付けるとブラウザに記憶される。Continueをクリック。

次の画面が出て「ログイン方法が変わったよ。パスワード入力方式とスマホアプリでコード方式があるよ」とアナウンスされる。

④ パスワード入力方式を選択

デフォルト画面はスマホ利用となっているのでパスワード方式をクリック。

⑤第2パスワードを入力

⑥ ログインが成功すると自身のアカウントページが表示される。

ここではパスワード入力方式を選択したが、スマホにアプリを入れているなら、スマホでコードを生成して進んでも良い。そっちの方が第2パスワードを覚える必要がないので楽かも知れない。

筆者はアプリをダウンロードしてスマホ方式も試したが、残念ながらスマホが壊れていてスクリーンショットが取れなかったので詳細は割愛する。

注意点としては、入れるアプリはHSBCの所在地毎に異なるのでマレーシアを選択すること。ここではトークンが必要となることである。